ねじねじストールの巻き方が魅力の中尾彬はチェーンも似合ってしまう秘訣とは!?

朝の情報番組にレギュラー出演する壮年タレントとして、
俳優の中尾彬のキャリアはちょっとした変化が来ているようです。

早朝からスタジオ入りする事が必要な朝の情報番組は、夜の舞台公演やプライベートで
帰宅が遅い俳優やタレントにとって、鬼門のようなものです。

しかし、早朝の時間帯の視聴率の高さは朝寝坊タレントにとっても魅力的で、
スポンサーにももちろん重要です。


各局があの手この手で独自の番組カラーを打ち出していますので、
この時間帯のレギュラーに食い込めば、キャリアにとってプラスとなるのです。

寝ぼけ顔や、二日酔いを感じさせないレギュラーは貴重で、
壮年世代の落ち着いたコメントが出せる中尾彬は、その一端を担っています。

朝の情報でその日のオフィスやスーパーでの立ち話が決まる事が多く、
ブロガーからも注目のネタとなっている中、ネタの提供者として広く知れ渡った話題があります。

中尾彬のねじねじストールです。

毎週出演している服装をチェックする事がファッションネタとなってブログの話題になった事から、
今日はどんなコーディネートか見る人が出てきました。

ある時、インタビュー番組で嫁である池波志乃がねじねじと命名した事で、
中尾彬の巻き方を中尾巻きと言ったりします。

ねじねじストールとしてファッションブロガーが写真で解説するなど、
影響が広がっていきました。

池波志乃は中尾彬といつも一緒に飲みに行くような仲の良い夫婦です。

酒好きとして家庭での料理を本として出版したり、
夫婦で料理番組に出演していた当時のエピソードが書かれています。

俳優として油が乗っていた頃の2人を垣間見る事ができます。

こんな2人ですが、それぞれ病気で俳優、女優として引退の危機となった事もありました。

中尾彬は仕事先で引いた風邪から肺炎、生存率20パーセントの
横紋筋融解症にまで病気が進行し生死の境をさまよった事があります。

また、池波志乃は、硬化性骨髄炎となり、
下あごの骨を切除して肩甲骨を移植手術した経験があるのです。

厳しい体験を乗り越えたからこそ、何気ない食事の気配りなど、
日常の小さな幸せを噛み締めている2人の姿が、テレビを通して伝わってきます。

ところで、中尾彬がある日ビックリするスタイルで
レギュラー番組に登場して話題をさらいました。

首に巻いていたのはいつものねじねじストールではなく、
何と太い皮製のしかも紫色のチェーンアクセサリーだったのです。

いつもファッションチェックとしていたブロガーのコメントが、
ブルドックみたいで可愛い、でした。

何を着ても話題になる壮年タレントって、
中尾彬以外には、いないのではないでしょうか。

コメントを残す