やりたいたがりの井森美幸が結婚できないのは潔癖症の噂だから


バラエティーで見事なキャラを発揮している井森美幸さん。

彼女は80年代アイドルとしてデビューしました。

「井森美幸、まだ誰のものでもありません」という
衝撃的キャッチフレーズで人気を博した彼女。

現在のいじられキャラからは想像もつきません。

キャッチフレーズの通り今も誰のものでもなく、
独身を貫いています。

ただ井森美幸さんはアイドルだったというだけあって、
年齢を考えてもかなり容姿が美しいですよね。


「井森美幸」とネットで検索をかけると、
必ず最初の方に「やりたい」と出てきます。

綺麗な見た目なのにハードルが低そうなイメージがある彼女なら、
やらせてもらえるのではないかと世の男性が検索をかけているのでしょう。

場の雰囲気を明るくしてくれて、
誰にでも好かれる人気者という彼女がテレビを通して感じられます。

ではなぜ結婚できないのでしょうか。

あまり知られていませんが、
井森美幸さんはかなりの潔癖症で嫉妬深い人という噂です。

彼氏が自宅に来るとすぐにお風呂に入らせたり、
持ち物に除菌スプレーをかけたりと潔癖症を発揮。

また彼氏が出かけていると「どこに行ってたの?」と問い詰めるんだそうです。

このことから一夜の付き合いならたくさんの男性がアプローチしそうですが、
結婚となると難しいのだろうと納得できます。

黒髪で綺麗な井森美幸さんなので少し勿体ないような気もしますが、
独身だからこそ面白いキャラが光るのかもしれません。

とはいえ彼女も一生涯独身で孤独死だけはしたくないと仰っています。

いつかは結婚するために婚活を頑張っているという噂もあるので、
結婚した井森美幸さんも見れる日が来るかもしれないですね。

ヒルナンデスなどのバラエティーで
面白すぎるキャラを見せてくれる井森美幸さん。

まだまだ飽きられることはなさそうですね。

コメントを残す