<スポンサードリンク>

あばれる君の名前の由来と嫁の仕事について

    R-1グランプリのファイナリストに選ばれる実力派ピン芸人である。

    芸名の由来は、バイトで皿洗いをしている時に、テンパって皿を沢山割ってしまい、
    あきれた店長が、「お前、あばれる君だなぁ~」と言ったのがきっかけ。

    芸人をはじめる前はラッパーをやっていた。

    <スポンサードリンク>

    フリースタイルバトルで泣き出した事から、
    ラッパーを断念した経緯がある。

    これもある意味、あばれるエピソードだと思う。

    このあばれる癖は、R-1のようなネタ見せ番組なら、
    ハイテンションネタとしてうけるのだが、トーク番組のひな壇では厳しい。

    トークの引き出しや、つっこむタイミングだけでなく、
    まわりの共演者との予定調和ができない。

    共演者が、パスを出しているに気付かずにスルーしたり、パスをもらってシュート
    を打ちに行って転んでしまい、その足に当たってシュートが決まる事が多い。

    岡田のようなスベリ感もなければ、
    ホケリンのような振切り感もない。

    ただテンパっている坊主が、アタフタしているという感じである。

    キャスティングの難しい芸人の一人だと思うが、
    視聴者といしては、予定調和がない分、ワクワクして番組をみる事ができる。

    このような芸風だと、いつかは飽きられる。

    当然、その事は、あばれる君の嫁も分っている。
    あばれる君の嫁は、看護師であり、それなりの給料がある。

    あばれる君が芸能界で仕事がなくなっても、自分が食わせていくという自負がある。

    交際期間が長く、一つ年上の姉さん女房だから、できる覚悟である。

    あばれる君自信も危機感をもちながら、芸能界で仕事をしていると思うが、
    ダメだったら嫁に食わせてもらおうなんて思わないで欲しい。

    あばれる君と名乗った以上は、芸能界でどんどんあばれてもらいたい。

    今後の活躍を期待する。

    <スポンサードリンク>

    コメントを残す